ニキビができる原因とアクネ菌

ニキビができる原因についてご紹介します。
アクネ菌という言葉をどこかで耳にしたことはありませんか。
そう、アクネ菌とは、ニキビを作る原因として有名な最近です。
だけど、実はアクネ菌は、それ以外の働きを持っているのです。
というのも、アクネ菌は、人間の肌に常に存在する常在菌の一種で、肌の状態を守るのに欠かせない最近です。

 

よく肌は弱酸性と言われていますが、このアクネ菌のおかげで、肌が弱酸性に保たれているのです。
さらにはアクネ菌のおかげで肌の雑菌が増殖するのが防げるという効果があります。
実はお肌にとって、アクネ菌って、とっても大切な役割を果たしているんですね。

 

そんなアクネ菌の栄養源は、お肌の上にたまっている皮脂。それを餌とすることでどんどんと増えていきます。
だから、皮脂のたまっている皮脂腺付近にはアクネ菌がたくさん発生しているわけです。
特に、皮脂がたまりやすい年代、取り分け思春期においては、代謝が盛んとなるため、皮脂の分泌も盛んに行われますよね。こういう時期にはアクネ菌も大量に発生してきます。
皮脂腺が、もともとの皮脂によってふさがれるだけでなく、アクネ菌が繁殖することで、さらに毛穴がふさがれる事態になります。その結果、毛穴が炎症を起こしてしまうのです。
それが、ニキビができる原因となってしまいます。

 

ちなみに、この炎症状態を放っておくと、さらに炎症が激しくなって時には膿を持つこともあります。
この炎症を未然に防ぐためには、肌を清潔な状態に保っておくことが大切です。
そのために、洗顔をきちんと行うなどの対処方法を取っておくことがベストと言えます。

白いニキビができる原因

白いニキビができる原因について紹介します。

 

ニキビ関連の情報を調べていると、白ニキビという言葉を耳にしますよね。
では、白いニキビとは一体どのようなものでしょうか。

 

ニキビが発生するメカニズムとしては、毛穴から皮脂が分泌されて、それが毛穴を埋め尽くすことによって発生します。
このように皮脂が毛穴を詰まらせてしまうと、肌を外側から見たときに皮脂分が白く見えるのです。
この状態を白ニキビと言います。

 

白ニキビは、ニキビ発生のメカニズムとしてはかなりの初期段階と言えます。
その後、白ニキビを放置していると、皮脂が外気に触れることで過酸化皮脂となり、黒ニキビになっていきます。
この黒ニキビを放置するとさらに膿を持って炎症を起こす可能性があります。
そのため、白ニキビの段階で適切なケアを行う必要があります。

 

ちなみに、ニキビは潰したら跡が残るから潰さない方が良いなんて言葉を耳にしたことはありませんか。
その通りで、悪化してしまったニキビを下手に触ってしまうと、傷を残しかねません。
しかし、皮膚科では初期の白ニキビであればプッシャーを使って、白ニキビに含まれている皮脂を除去することもあります。
簡単に取れる場合であれば、このように皮脂を除去することが白ニキビの適切なケアにつながります。

 

ただ、この際にも、プッシャーなどはよく消毒するなどして、ニキビの部分にさらなる雑菌が入らないようにする必要があります。
できるだけ、専門の皮膚科などにかかって除去してもらうことをお勧めします。
もちろん、自宅でできる洗顔などのケアは、自分でも行えるので、効果的だと言えますよ。

 

白ニキビができる原因について知っておくと、もっとひどい状態になる前にケアをしやすいですよね。
しっかりとニキビに効く洗顔料を見つけて、日頃のニキビ予防をしておきましょう。

黒いニキビができる原因

黒いニキビができる原因と対策について紹介します。

 

白ニキビの段階を通り越して悪化したニキビのことを黒ニキビと言います。
この黒いニキビ、皮脂が詰まった毛穴の中で、どんどんと皮脂が作られていきます。

 

その皮脂が外部に押し出されて外気と触れることで、酸化してしまいます。
その結果、皮脂が過酸化皮脂に変化を遂げて、黒色に変色することになります。
この黒ニキビは、変色するだけでなく、硬く変質してしまうので、なかなか取り除くのに苦労することになります。
しかも、見た目が黒いため、ブラックヘッドという異名を持つほどです。

 

そして、この黒ニキビができやすいと言われるのは、主に鼻などの皮脂分泌の盛んな場所、さらには額や眉の近くなど、皮脂腺が多く発達している場所です。
この黒ニキビを観察してみると、毛穴の表面を黒っぽい脂が塞いでいるのが見えます。
この脂のことを角栓と呼んでいます。

 

角栓が毛穴の表面に出来ることで、毛穴の内部に皮脂を押し閉じ込めます。さらには、毛穴の周辺の角質層を押し上げているため、膨らんで見えてしまいます。
黒ニキビをケアするためには、この角栓を除去すれば良いのでしょうか?

 

普通に考えると角栓を除去すれば内部の皮脂も取り除くことが可能となるので、よさそうにも思えますよね。
しかし、角栓を無理やり除去すると肌にとっても負担がかかってしまいます。

 

毛穴自体を脅かすだけでなく、その付近の肌にとっても傷がついてしまい、結果的には毛穴を押し広げて余計に皮脂がたまりやすい状況を作ってしまいかねません。
そのため、無理に黒ニキビを治そうとはせずに、出来る事なら皮膚科などの専門医にかかるのが一番の得策と言えます。
また、黒ニキビに至る前にしっかりと洗顔をして予防することも大切です。

赤いニキビができる原因

赤いニキビができる原因と対策について紹介します。

 

ニキビには色々な種類があるのですが、その中でも悪化して毛穴周辺が真っ赤になっている状態を赤ニキビと呼んでいます。
この赤いニキビの状態は、肌が腫れあがって痛みも伴うため、普通に生活をしていても目立ってしまうことになります。

 

しかも、毛穴がボコボコになっているため、コンシーラやファンデーションなどを塗ってもなかなか隠すことができず、女性にとっては辛い状態となります。
この赤ニキビが発生するメカニズムとしては、白ニキビ、黒ニキビの状態を放置していたことによります。
また、ケアしていたとしても、適切なものでなかったために悪化してしまった可能性があります。

 

もともと、毛穴に発生していた皮脂を栄養源としてアクネ菌が繁殖するのですが、このアクネ菌と闘うために、肌の細胞が炎症を起こしてしまいます。
ただ、炎症が長引いてしまうと、肌の皮下組織さえも壊される結果となり、どんどんと赤くなってしまいます。
そのため、赤ニキビは早急に炎症を抑えることが必要となります。

 

この対処法としては、炎症部位を冷やすことから始めます。
しっかりと炎症部位を冷却することで、炎症を抑えてあげます。
この時には、氷水で冷やしたタオルを硬く絞るなどして冷やすと良いでしょう。

 

さらに、抗炎症作用のある薬などを炎症部位に塗ります。
優しく塗布することで、ニキビを刺激することなく薬を塗っていきましょう。

 

ちなみに、この赤ニキビ、肌の状態がかなり弱っています。
そのため、傷がつくなどすると後々に響いてきかねません。
無理に潰そうとは思わずに、ケアを優しく行ってあげることが大切です。
真皮層を刺激することによるクレーターを残さないためにも、優しいケアを心がけてください。

 

赤ニキビができる原因については、以上です。
赤ニキビのケアには、日頃の洗顔が大切になります。
ニキビに効く洗顔料を日頃から常備しておいたり、ニキビの洗顔方法をしっかりマスターしておくことで、ニキビケアは、かなり簡単に出来るようになりますよ。
ニキビに効く洗顔料